《はんだ》は、こう変わる。7つの政策ステージ

1 渋滞解消 海底トンネル無料化

  • 半田市の進めるJR高架事業の早期事業化や、右左折レーンの設置の推進をします。
  • 衣浦トンネルの低料金化(目指すは無料化)を粘り強く訴えます。衣浦大橋周辺の渋滞減少に努力します。

2 地方創生 地産地消

  • 地元商店街を振興し、景気回復に努力します。
  • 地元事業者での消費優先に努力します。

3 防災・防犯対策 災害に強い街

  • 自然災害への不断の備えを強化します。
  • 警察行政事業の充実を推進します。

4 いきがいのある街 生涯教育の充実

  • 子供も先生も、ゆとりある教育環境づくりに取り組みます。
  • 特別支援教育を充実し、一人一人を見つめて育てるゆとりある制度をつくります。
  • 高齢者も障害者も、またその家族も安心して暮らせる生活環境をつくります。

5 観光客100万人 知多半島観光圏での観光

  • 酪農や農水産物などの生産活動を支援し、それをセントレアと結び、年間100万人の観光客を招きます。
  • 半田の祭文化の県指定を目指します。

6 広域行政《知多は一つ》 垣根のない行政圏づくり

  • 2027年開通のリニアインパクトを知多半島に波及させる為、市町の境界のない将来展望を話し合います。
  • 「知多半島はエコ半島」を提唱し、新エネルギー発信地とします。

7 未来への責任 次の世代にツケを残さない責任

  • 次の世代にツケを回す訳にはいきません。前へ進む希望が持て、「幸せだなあ」という幸福感が実感できる社会を目指します。
  • 行政改革を推進して、税金のムダ使いをチェックし、県の持てる経営資源をフル活用します。